子供の成長記録

1人で歌う赤ちゃん

赤ちゃんが生まれてから毎日日記を付けるようにしているのですが、数カ月前の記録を見直してビックリさせられることがあります。実は言葉が出てくるのが遅い方だったのですが、話し出してからの成長がものすごく早く感じるのです。

「パパ」「ママ」「ばば」は割と早い時期に言えたのですが、「じじ」や大好きなキャラクター「アンパンマン」は指差しをしているだけで口にしようとしませんでした。それがここ1カ月くらいで完璧に発音できるようになってきたのです。また、小さい頃から好きだった音楽も、体を揺らしてリズムをとるだけでなく、歌えるようになってきました。

NHKのおかあさんといっしょのオープンング曲はもちろん、アンパンマンの歌もすでに数曲マスターしています。 でもまだ歌詞は覚えていないようで、自分の知っている単語を組み合わせてオリジナル曲を歌っていることがほとんど。音程は合っているのですが「ばいきん、ばいきん、ばいきん〜」と口ずさむ娘の歌を聞いて、思わず笑ってしまいました。

ただ1回、2回と何度も歌っているうちに、不思議と1つずつ歌詞を覚えていくものなんです。きっとすぐに歌えるようになってしまうと思い、動画を撮影して夫に見せたら「少し合わないうちに成長していて寂しい」と話していました。

2歳が近づくと規則正しい生活をしている子がほとんどなので、週末しか会えないと寝顔を見てガッカリしている男性が多いはずです。そんなときは、子どもの様子を写真や動画で撮影して、携帯に送ってあげるのが1番ですよ。我が家も夫の休憩時間を狙って、赤ちゃんの様子を報告してあげています。

最近ハマっているのは、パパとの電話です。少し早く帰って来られるときは、電車に乗る前の時間を利用して、娘と電話をして楽しんでいるようです。大きな声で2人でアンパンマンやABCソングを歌っているので、通行人からは変な顔をされることもあるそうですが、パパも嬉しそうにしています。